60歳からネットでアイデアビジネス

ネットでアイデアビジネスに取り組む

これは、ポイントととなるのは新しいビジネスモデルです。
今やネットを使うのはそれほど難しいことではありませんし、スマホが普及しているので昔よりアクセス増が狙えます。

アイディアが確立すればホームページやシステム、SEOは専門家に依頼しても良いと思います。

ビジネスとして自分のキャリアや趣味、やりたいことを表現していくということも考えられます。

ネットショップも有力なビジネスですが、オリジナル性や差別化ができる商材が大切な要素となります。

定年退職後のシニア(高齢者)から初めても十分可能と思われるビジネスには下記のようなものが考えられます。

健康を目的にした、指導料、参加費ビジネス

これは、禁煙運動など、指導料を払っても参加することに価値がある分野である、健康、教育や様々な悩み相談に関するものなど。

ガイド機能を生かしたネットショップ

専門店の販売員やガイド役がついたネットショップがこれにあたります。
専門員によるアドバイスがあれば、リピーターも生まれると思います。

モニター型商品・サービス評価サイト

ネット上でモニターを募り、モニターの商品やサービスに関する意見を情報提供していくサイト。

正直な感想を提供していいくのがポイントとなります。
評価によっては広告などの可能性も生まれます。

関連記事・参照先

スポンサーリンク