コンサルタントなどで独立

コンサルタントやスペシャリストとして独立

コンサルタントやスペシャリストとして独立するのは有効だと思います。
コンサルタントは、資格ではカバーできない新しい分野や応用実践的な分野を指導することができます。

例えば、経営コンサルタントや財務コンサルタント、人事コンサルタントなどがありますが、時代のニーズにより様々な特化した専門的コンサテーションが必要になってきます。

他にも、コンピュータのセキュリティや個人情報処理、食品製造現場の衛生品質管理など多様にあります。

又、個人向けのコンサルタントも市場規模や金額は小さいが、シニアから始めるビジネスにとってはチャンスがあります。

離婚、遺言、相続、転職、収納コンサルタント、あるいは心理カウンセラーなどがあり、ビジネスモデルを開発する必要はありますが、自分で名乗ればコンサルタントはその日からなれるというのも利点です。

スペシャリストの分野では下記のようなものがあります。

インストラクターや講師

語学、ビジネス、パソコンなどのインストラクター、大学客員教授や講師などがあり、キャリアや専門知識が生かせプライドが持て、精神的な満足感があります。

カウンセラーやアドバイザー

心理、キャリア、産業、スクールなどのカウンセラー、ファイナンシャルアドバイザーなどがあり、相談を受けることに特徴がある仕事です。

コーディネーター

法人のM&A・特許技術、個人の中高年結婚など、情報がオープンになりにくいものなどは人的仲介ビジネスが成り立ちます。
情報力と営業企画力がポイントになります。

関連記事・参照先

スポンサーリンク