伝統工芸の仕事

◆伝統工芸の仕事一覧

日本の伝統工芸といえば、原点は「職人技」といわれる寸分の狂いがないほど正確で手の込んだ技術が作り出す工芸美です。

それは日本の生活文化から長い時間をかけて受け継がれてきたもので、今では様々な分野で応用され、現代の製造技術のもととなっています。

ただ、昔ながらの技術を実直に守っている伝統工芸品は、今や大量製造の工業製品にその座を奪われ、主にお土産物などでしか見られなくなりました。

 

伝統工芸品と呼ばれるものは、その技術の修得に時間がかかり、又原材料の不足・高騰等で製品の値段も高くなるため、その需要は減少しています。
そのため職人の数も減少し、若い後継者も不足しているのが現状です。

最近の傾向としては、国や自治体から補助を受け「伝統工芸館」等でその技と技術が若い世代に継承され守られています。

又、伝統的な技術を現代のデザインに取り入れ、クールジャパンと呼ばれるような製品を生み出し世界で評価されることもあります。

スポンサーリンク