仕事とストレス

010101man90-trans

今も昔も仕事とストレスは切っても切り離せないのが現実です!!
しかし最近の傾向は・・

最近の傾向は40代~50代にかけて自殺者が多い点です。
その数は年間3万人とも言われています。
ここにある警察庁発表の自殺者統計を見る限りではその全てが中高年というわけではないですが、昔で言われた働き盛りの年代に自殺者が多いのは現代の特徴と言えるかも知れません。

しかも統計を見ると、この年代の自殺原因は、倒産、就職の失敗などの「経済・生活問題」に集中しています。

一説によるとこの年代は、仕事はこれからという30~40台前半にバブルの崩壊を向かえ、そしてその後訪れるITの時代にも初めからそれほど乗っていない!
要するに油が乗り始める時期に時代のリーダーとして過せなかった年代だそうです。

お金の問題は生活に直結し、ストレスも蓄積するばかりです。さらに将来を不安視するとうつ病にもなりかねません。
画期的なストレス解消方法は無いと思いますが、一般的に言われるストレス解消を紹介してみます。

軽い運動をして汗を掻き、その後できれば入浴などでリラックスする。
お酒などに頼らずバランスの良い食事を取る。
睡眠を十分に取る。眠りはレム睡眠・ノンレム睡眠(深い眠りと浅い眠り)で心と体の疲れを取り除きます。「参照睡眠のメカニズム
※他には、海や山を見に行く・スポーツをする・温泉に行く・お酒や薬に頼らない・・等

スポンサーリンク