士業関連の仕事

◆士業関連の仕事一覧

士業とは、「士」という名称の専門資格職業です。職業の名勝の末尾に「士」が付くことが多いため呼ばれるようになりました。

士業と言われる職業には、弁護士・司法書士・行政書士・などが一般的ですが、他にも「士」が付く職業は幾つかあります。
ここでは、カテゴリーの都合上以下の職業を紹介しています。

img_a069

難関の国家資格が多いのが特徴で、昔は資格を取得すればそれだけで将来が約束されたようなものでした。しかし、今は単に資格を取得したというだけではなかなか安定した仕事に就くことはできないといわれます。

不況と少子高齢化の影響がこんなところにも影響しているのでしょう。
ただ、どのような時代になっても必要とされる職種ということには間違いないと思います。

スポンサーリンク

コラム

国家資格とは

一般的に言われる「国家資格」とは、国が定める制度により与えられる資格のことです。
国が法令などで定めている資格制度は約300位あります。
しかし、等級別や資格別でさらに分類すると、1500以上にも及びます。

国家資格の種類

・業務独占資格
医師や弁護士、公認会計士、司法書士、税理士、行政書士、等等、その資格がある人だけが業務を行える資格です。

・必置資格
独占資格以外で、事業所に有資格者を置くことが定められている資格。
宅地建物取引主任者、高圧ガス製造保安責任者、旅行業務取扱主任者、などがあります。

・名称独占等資格
上記以外で、資格を持っていない人が勝手に名乗ってはいけない資格。
または、単に専門的知識や技能を証明する資格。
技術士、栄養士、調理師、技能士、情報処理技術者、ホームヘルパーなどがあります。