デザイン関係の仕事

◆デザイン関係の仕事一覧

デザインとは日本語では「設計」にもあたり、芸術や美術的な意味合いも含んでいます。活躍できる分野も広く、ファッション・宝飾・工業・建築等が挙げられます。

基礎知識や専門知識はもちろんのこと、常に新しいものを創りだす創造性も必要不可欠な要素と言えるでしょう。そのため様々な分野から刺激を受けることも大事です。

img_a067

各種のデザインに係わる職業を紹介しています。
この分野でも、実力次第ではフリーで活躍することも可能ですし、高収入も期待できます。

スポンサーリンク

※「ファッション関係の仕事」にも含まれています。

帽子デザイナー

帽子をデザインする職業。ハンドメイドで製作するデザイナーとメーカー等に勤務するデザイナーに大別されます。

ジュエリーデザイナー

宝石や貴金属を加工してジュエリー(ネックレスや指輪、ブレスレット、ブローチ、アンクレットなど)に加工する職業。「宝石デザイナー」、「宝飾デザイナー」とも呼ばれます。

バックデザイナー

皮革や人口素材などでバック(鞄)をデザインする職業。セカンドバック、ショルダーバック、ハンドバック、ポーチなど。

ニットデザイナー

ニットとは編み物のこと。ニットファッションのデザイナーです。レースの装飾品や綿糸で編んだ衣類など。

ファッションデザイナー

身に付ける服飾をデザインする職業。衣服や装飾品といった服飾・ファッション分野でデザインを担当します。

テキスタイルデザイナー

織物や布地をデザインする職業。「染織家」とも呼ばれます。

コラム

睡眠時間が長い職業

総務省の過去のデータでは、最も睡眠時間が長いのは、「農林漁業作業者」だということです。さらに、食事の時間やテレビを見る時間、などのくつろぎの時間がトップだそうです。

これは、過酷な職業ということもあり、しっかり体を休めなくてはならないということから長い睡眠をとっているのだと思われます。

睡眠時間が短い職業

最も睡眠時間が短いのは「教員」です。
仕事で拘束される時間以外でも学習、研究に取られる時間も一番です。
職業柄、学校を離れていても生徒に係わる様々な仕事が出来てしまうようです。